【大谷翔平】二刀流の活躍が認められイチロー以来の新人王受賞

大谷翔平選手(24)ア・リーグ新人王受賞が13日発表された嬉しい話題の記事です。

ヤンキースの新人有力候補の2人を抑えて新人王を獲得できたのか?

そのあたりをTV番組「ひるおび」でも討論されていました。

大谷翔平選手が日本人として17年ぶりイチロー以来の新人王受賞

2018ア・リーグ新人王は大谷翔平選手です。・・と

11月13日朝、MLBが発表しました。

日本人選手としては、

1995年 野茂英雄投手(ドジャース)

2000年 佐々木主浩投手(マリナーズ)

2001年 イチロー選手(マリナーズ)

以来の17年ぶりの快挙!です。

大谷選手のメジャーエンゼルスの個人成績

メジャーでも開幕から二刀流として投打で活躍した大谷選手。

打者としては104試合に出場し、打率.285、本塁打では22本、打点61。足でも10盗塁を達成して素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

投手としては肘の故障により10試合にとどまりましたが、4勝2敗の好成績を収めました。

開幕当初は特に、投手で7回までノーヒットノーラン、打者としても3試合連続ホームランを大活躍をして、大谷選手の存在感をいかんなく発揮していました、

一気にショータイム、大谷さーんとメディアが報道。エンゼルスファンならずメジャーファンが注目しました。

大谷選手が投打で出場する試合は、テレビのBS放送で必ず放送され、私も楽しみにしていたものです。

ヤンキースのアンドゥハー、トーレスという有力候補を押さえての新人王獲得の背景には、ベーブルース以来の二刀流であるとの話題性だけでなく、唯一無二の実力が備わった二刀流と認められたことに尽きるといえるでしょう!