巨人の菅野智之投手 CSノーヒットノーランでびっくり

プロ野球、巨人の菅野智之投手。

10月14日神宮球場で行われたクライマックスシリーズ、ファーストステージ第2戦で
ノーヒットノーランを達成した。

クライマックスシリーズでノーヒットノーランを達成したのは菅野投手が初めてです。

 

菅野智之投手 CS史上初のノーヒットノーラン達成

過去、ノーヒットノーラン達成者は90人(内、完全試合15人)で、91人目の達成である。

今年に限れば、7月27日に中日戦で達成した同僚の山口俊投手に続く2人目の快挙です。

今季限りで退任が決まっている高橋由伸監督の指揮の下での達成です。

クライマックスシリーズでは菅野投手が初めてですが、菅野選手自身のノーヒットノーランも初めてです。

達成内容は、

7回2死までの20人の打者を塁上に出さない完全試合ペースであったが、

21人目の打者、山田哲に四球を選ばれ、完全は消えたものの

その後もヒットを許さず、ノーヒットノーランを達成した。

 

コンディション不良とのことで、日米野球の侍ジャパンメンバーを辞退した菅野選手。

ウソのような素晴らしいピッチングでしたよね。

この投球を見た野球ファンとしては、メジャーのスター相手に快投する菅野投手を見たくなりますよ♬

さて、次はリーグ優勝を決めた広島とのファイナルステージです。

リーグ優勝を果てせなかったGファンとしては、

ファイナルステージの勝利を期待するも複雑な心境でしょう!!